[ネットプリント]スマホからPDFを印刷する方法 ▶︎Click

頑張らなくても大丈夫。「ゆるミニマリスト」を始めてみませんか?

こんにちは。
ミニマリストのyuko(@mini_techo)です。

必要最低限のもので暮らすミニマリストってカッコ良いですよね。
でも、家族がいたりすると「必要最低限のもの」だけで暮らすのはなかなか難しいと思いませんか?

そんな方にオススメしたいのが、頑張らないでミニマストをゆる〜く真似する「ゆるミニマリスト」です。

yuko

頑張らない、ゆる〜くが「ゆるミニマリスト」のポイントです。

このような人におすすめです。

  • ミニマリストになりたい
  • 必要最低限のもので暮らすのは難しそう
  • ストイックにできない、時間がない
-->
目次

ミニマリストとゆるミニマリストの違い

ミニマリストって?

まずはじめに、ミニマリストについておさらいします。
ミニマリスト=必要最小限のイメージなのですが、我が家はモデルルームのような生活感のない部屋に暮らしはしていません。生活感に溢れています(笑)。

ミニマリストと言っても様々で趣味のものを沢山持っていたり、時短家電にこだわっていたりと様々です。
ただし、less is more(少ないことはより豊かなこと)=「自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられる」という思想は共通しているように感じています。

ミニマリストは、持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人[1]。自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語。                                                          出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

yuko

私の目指すミニマリストは必要最小限=モノの適正量を持つことです。

ゆるミニマリストって?

ゆるミニマリストとは「ミニマリストをできる範囲でゆる〜く真似すること」です。
真似でいいのでモデルルームのような部屋を目指したり、1日1捨などの「断捨離」しなくても大丈夫です。

わたしは1日1個捨てる「断捨離」にチャレンジしたことがあるのですが、「次は何を捨てようか?」という考えに囚われてしまい、無理に捨ててしまい後悔したものもありました

このような「断捨離」は私には合いませんでした。そこで、試行錯誤して上手くいった「ゆるミニマリストになる方法」をご紹介します。

ゆるミニマリストになる方法

STEP1:「好きではないもの」、「1年以上使っていないもの」を手放す

ゆるミニマリスト2

最初に「好きではないもの」を手放す

「好きではないもの」とはこのようなものです。
・好みが変わってときめかなくなったもの
・プレゼントやお土産で頂いたけど好みではないもの

「好きではないもの」は取っておいても場所を取るだけです。思い切って手放しましょう。
こういうものを増やさないために、気安い関係の人には、誕生日プレゼントやお土産はなるべく消えものでとお願いしています。

次に「1年以上使っていないもの」を見直しする

1年以上使っていないものは今後も出番がない事がほとんどです。
迷う場合は、「保留」の箱に入れて保管しておき、後でもう一度見直ししてみましょう。

「保留」の箱に入れておくことで、一旦時間をおいてもう一度見直すと客観的に判断できる気がします。
そうすると、わたしの場合は手放した後も後悔することはほとんどありません。

「思い出の詰まったもの」は無理に手放す必要はありません。もう一度手に入れようと思っても難しいですし、手作りのものだと尚更です。手放す場合は、写真に撮って記録しておくと手放しやすいです。

STEP2:「持ち物リスト」を作る

ゆるミニマリスト3

衣類・バッグ・化粧品など自分の持ち物をすべて書き出す

持ち物を書き出すことで、客観的に見ることができます。
わたしの場合、くたびれた下着や、好みが変わり着なくなったコートなどいらないものを発見できました。

書き出すのにおすすめな方法
・スマートフォンのメモやアプリを活用する
手帳に書き出してみる
楽天ROOMでいいねする
など

持ち物リストに好きなところや不満なところ、○△×など簡単な評価やメモをしておくのも良いと思います。

この記事でも詳しく紹介しています

STEP3:「買い足す」から「買い替える」に行動を変えてみる

ゆるミニマリスト4

「持ち物リスト」を見てから、購入計画を立てる

STEP2まで終わったらここからは簡単です。
買い物をするときは「持ち物リスト」を見て、手持ちの実物を見て、買い替えるか判断します。

ここで大切なのは買い足さないこと
どうしても買い足す場合は、それがどのような役割を果たしてくれるか考えると失敗しにくいです。

yuko

わたしは消耗している、壊れている、痛んでいる、使用期限が過ぎているなどを「買い替える」基準にしています。

「欲しいものリスト」を作る

良いなと思う物、買い替えたい物があったら、まずは「欲しい物リスト」に書き出します。
そして、1週間ほど置いておき、見直すのがオススメです。

例えば、次シーズンの衣類を買い足したいとき、欲しいものをリストアップしておいて1週間ほど経ってから見直します。1週間後も欲しい場合は、本当に必要なもののことが多いので、衝動買いを防ぎやすいです。

欲しいものリストは、手帳やスマートフォンのアプリに書くのがおすすめです。

STEP4:定期的に見直す

ゆるミニマリスト5

大切なのが定期的に見直すことです。わたしは一年ごとに「持ち物リスト」の見直しをしています。
STEP1〜3を繰り返すことで「必要なもの」と「欲しいもの」の区別がつくようになってきます。

ブログでも人気のコンテンツ「ミニマリストの持ち物」はこちら

yuko

私は1年単位で見直ししていますが、2年や3年単位でも良いと思います。
お好みの方法でやってみてください。

まとめ

ゆるミニマリスト6

私にとってミニマリストというと、カッコよく、行動力があるイメージがあります。
例えるならバリバリのキャリアウーマンのようなイメージです。
働き方にも色々あるように、ミニマリストもゆっくりのんびりな「ゆるミニマリスト」がいても良いと思っています。

これまでご紹介したことは年単位でのんびりやってみることをオススメします。
急がなくても、頑張らなくても大丈夫です。

ゆる〜くミニマルライフを送る、「ゆるミニマリスト」を始めてみませんか?

ミニマリストになったきっかけはこちら

お問い合わせ

\質問などお気軽にどうぞ!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる