【ゆる資産運用】ミニマリストのつみたてNISA(2022-2023)

当ページのリンクには広告が含まれています。

貯蓄するよりも良さそうと、ゆるりとつみたてNISAをしています。
毎月約3万円をコツコツつみたてて、約70万円ほどになりました。
今回は「ミニマリストのつみたてNISA」を紹介します。

目次

はじめに

NISAって?

通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、発生した売買益や受け取った配当に
対して、約20%の税金がかかります。ですが、「NISA口座(非課税口座)」であれば、
購入した金融商品から得られる運用益が非課税になります。

NISAとは、個人投資家の皆さまのための税制優遇制度です。

出典:NISA/つみたてNISAの違いとは?(SBI証券)

NISAには長期運用の「つみたてNISA」と短期運用の「一般NISA」の2種類あります。
両方の運用はできません。どちらか一つを選んで運用します。

つみたてNISAって?

つみたてNISAは、非課税枠は年間40万円ですが、非課税期間は20年間になります。専用の投資信託を、毎月一定の金額、積み立てていただきます。コツコツ毎月貯めていきたい方、長期での利用を考えている方に向いています。

出典:一般NISAとつみたてNISAの違いは何ですか? – 野村證券
非課税投資枠40万円/年
非課税期間最長20年間
投資の手間自動で積立
投資できる商品一定の基準を満たした投資信託
出典:NISA/つみたてNISAの違いとは?(SBI証券)

つみたてNISAは長期の資産形成をサポートしてくれる非課税制度です。
年間40年間×20年=800万円までの投資の収益が非課税になります。
少額をつみたてしたい人、ハイリスクが心配な初心者向けの投資です。

一般NISAとの違い

一般NISAは、年間120万円の非課税枠があり、非課税期間は5年間になります。 上場株式・公募株式投信などが対象商品となるため、広い商品の中から選びたい方、株式の購入を考えている方などに向いています。 

出典:一般NISAとつみたてNISAの違いは何ですか? – 野村證券
非課税投資枠120万円/年
非課税期間最長5年間
投資の手間自身で購入/売却
投資できる商品日本株・外国株・投資信託 etc…
出典:NISA/つみたてNISAの違いとは?(SBI証券)

一般NISAは長期の資産形成をサポートしてくれる非課税制度です。
年間120年間×5年=600万円までの投資の収益が非課税になります。
短期間でリターンを得たい知識のある人向けの投資です。

ミニマリストのつみたてNISAの運用結果

つみたてNISAは2023年で2年目になります。
2023年2月現在の評価額は¥728,501、評価損益は¥29,193(+4.2%)でした。
評価損益は+5.0%が目標なのでまだまだです。

金融庁の資産運用シミュレーションによると、
+5.0%で20年間運用した場合、13,564,111円になります。
この金額を目標にゆるりと運用していきます。

おわりに

ミニマリストのつみたてNISAの運用結果は¥29,193(+4.2%)でした。
2年目なので、まだ実感がわかない数値です。

来年も「NISAの日」に振り返ってみたいです。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ブログ村ランキングに参加しています

猫に触っていってください

今日の占いについて

見てくださる人が幸せであるように願いを込めて占いをお届けします。結果が合わないなと思うときは、ほかのページをご覧ください。占い結果が変わります。あなたにとって、素晴らしい一日でありますように。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次