【ゆる資産運用】ミニマリストのつみたてNISAの運用結果(2022-2024)

当ページのリンクには広告が含まれています。

貯蓄するよりも良さそうなため「つみたてNISA」を運用しています。毎月約3万円をコツコツつみたてて、約150万円ほどになりました。

今回は「ミニマリストのつみたてNISA」の運用結果を紹介します

目次

新NISAとは?旧制度と新しいNISAの主な違い

2024年から「新NISA」がスタートしました。NISAには長期運用の「つみたてNISA」と短期運用の「一般NISA」の2種類がありました。

新NISAではつみたてNISAは「成長投資枠」、一般NISAは「つみたて投資枠」と名前を変えて、運用がスタートしました。

①つみたて投資枠と成長投資枠の併用が可能
②年間の非課税投資上限額の拡大
③非課税保有期間の無期限化
④口座開設期間の無期限化
⑤非課税保有限度額は、全体で1,800万円
⑥売却で非課税投資枠の再利用が可能

新NISAとは?2024年からどう変わるのか現行制度との違いを解説!

パワーアップしています!

「つみたて投資枠」は長期にコツコツ資産を増やす制度

ここでは私が利用している「つみたて投資枠(旧つみたてNISA)」を紹介します。旧制度とのおおまかな違いはこのような感じです。

旧つみたてNISA
つみたて投資枠
  • 制度期間は2018年〜2023年まで
  • 非課税期間は「20年間」
  • 年間の投資上限は「40万円」
  • 非課税額は「800万円」
  • 一般NISAと「併用不可」
  • 制度期間は「無期限」
  • 非課税期間は「無期限」
  • 年間の投資上限は「120万円」
  • 非課税額は「1,800万円」
  • 一般NISAと「併用可能」

年間の投資上限が40万円から120万円にパワーアップしました!

わが家では児童手当分を、廃止されたジュニアNISAの代わりに運用しています。月々3.3万円を投資に回し、年間で約40万円を運用しています。

家計に響かないちょうど良い額のため、このままの金額設定で運用していく予定です

今までの「つみたてNISA」から新NISAへの移行は必要ない

2024年から新NISAになりましたが、わが家の場合、移行手続きは必要ありませんでした

私が運用しているSBI銀行の場合、旧NISAから新NISAへの移行手続きは必要なく自動移行でした。設定もそのままです

他行でも、このように自動で引き継がれるようです。

つみたてNISA口座での新規投資は終了しましたが、つみたてNISAでの積立設定は新NISAに自動で引き継がれます。 特別な手続きをしない限り、つみたてNISA口座を開設していた金融機関に自動で新NISA口座が開設され、つみたてNISAでの積立設定はそのまま新NISA口座でおこなわれる仕組みです。

新NISAスタート!これまで積立投資してきた「つみたてNISA」ってどうなるの?

別の金融機関に変更したい場合は、特別な手続きが必要とのことです。金融機関を変更したい場合は、調べてみてください

ここから、実際の運用結果をレポートします

2024年1月時点の「つみたてNISA」の運用結果は+¥374,321(+34.1%)

2024年1月時点の評価損益は「¥374,321(+34.1%)」でした。2023年の2月と比べて約35万円のプラスになりました。

つみたてNISAは2024年で3年目になります。3年目で100万円を超えました。

2024年1月現在の評価額は¥1,303,106、評価損益は¥270,447(+26.2%)でした。評価損益は+5.0%の目標をクリアできました

この中でもS&P500が42.1%と驚きの好調でした。乱高下の高い方です。これから右肩下がりになる可能性がありますが、投資枠を増やしたりはしません。

「つみたてNISA」の運用でもっともやってはいけないことは、つみたてNISAをやめることです。つみたてNISAで新規の投資をしなくなることはもちろん、積立額を減らしたり、途中で売却たりすることも「やめる」に含みます。

つみたてNISAを始めたら、株価が乱高下してもやめてはいけない! 利益確定も損切りも避けるべき理由と、リスク許容度に合った投資信託を選ぶ重要性を再確認

一時的に株価が上がっても、下がっても淡々と続けていきます!

2023年2月時点の「つみたてNISA」の運用結果は+29,193(+4.2%)

2024年2月時点の評価損益は「+¥29,193(+4.2%)」でした。まだ2年目のため、評価もそれほどではありません。

つみたてNISAは2024年で3年目になります。3年目で100万円を超えました。

2024年1月現在の評価額は¥728,501、評価損益は¥29,193(+4.2%)でした。評価損益は+5.0%の目標をクリアできませんでした

つみたてNISAの約20年後の目標金額は「¥13,564,111」/2042年

評価損益を+5.0%で20年間運用した場合、13,564,111円になります。この金額を目標に運用しています。

20年後の目標額(2042年)

参考にした金融庁の「資産運用シミュレーション」は下の記事からどうぞ

おわりに

来年も「NISAの日」に振り返ってみたいです。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ほぼ日手帳weeksを家計簿にしています。詳しい内容は下の記事からどうぞ

関連記事

ブログ村ランキングに参加しています

猫に触っていってください

今日の占いについて

見てくださる人が幸せであるように願いを込めて占いをお届けします。結果が合わないなと思うときは、ほかのページをご覧ください。占い結果が変わります。あなたにとって、素晴らしい一日でありますように。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次