貯められる人は超シンプル(横山 光昭 著)

当ページのリンクには広告が含まれています。

一時期、専業主婦になって、私の収入がゼロになりました。

その不安から「家計の見直し」をしようと思った時、お金について分かりやすく解説されている本に出会いました。

今回は「貯められる人は超シンプル(横山 光昭 著)」を紹介します。

このような人におすすめです

  • お金を貯めたい
  • 家計を見直ししたい
  • 老後の暮らしが不安
目次

本と著者の紹介

みなさんの相談を聞いていると、
本当に懸命に働いて生きていると感じます。

嫌なことに向き合い、
弱い自分やズルい自分と付き合いながら、
頑張っています。

自分の思い描く生活ができていたり、
そのように改善することで幸せになり、
そのうちにほかの誰かも
幸せにできることに気づいてもらいたいです。

ぜひ、自分を大切に見つめてあげてください。

貯められる人は超シンプル(横山 光昭 著)

横山 光昭(よこやま みつあき)

家計再生コンサルタント。

家計の借金・ローンを中心に、盲点を探りながら抜本的解決、確実な再生を目指す庶民派ファイナンシャルプランナー。個別の相談•指導では独自の貯蓄プログラムを活かし、リバウンドのない家計の再生と飛躍を実現。これまで1万人以上の赤字家計を再生した。

貯められる人は超シンプル(横山 光昭 著)

著者はNIKKEI STYLEで「もうかる家計のつくり方」という連載をしています。有名なファイナンシャルプランナーです

目次

第1章
1ヶ月目 「欲しい」と「必要」を切り離す

第2章
2ヶ月目 生活を「見える化」する

第3章
一3ヶ月目 お金の「自分ルール」をつくる

貯められる人は超シンプル(横山 光昭 著)

モノ・生活・お金の順に整えると「一生ものの貯金体質」に変わる!

お金の乱れは生活の乱れ

お金の問題児を根本的に貯蓄体質へと変えるためには、いきなりテクニカルなお金のお話はしません。まずは部屋の中、つまり身のまわりの「身近なモノ」を手掛かりに考え方を見直していきます。なぜなら生活習慣が大きなヒントになるからです。お金の乱れは生活の乱れが数値化されたものです。ですから、まずは「身近なモノ」との付き合い方から見直ししていただきます。

貯められる人は超シンプル(横山 光昭 著)


著者によると収入を増やすよりもまず、生活の見直しが大切だそうです。

この考え方がとても好きです。身のまわりの「身近なモノ」を見直すのなら誰でもできそうですね。

私は「持ち物リスト」を作って持ちすぎを防いでいます。少しづつ慣れていって、私服は3着で過ごせるようになりました。

「持ち物リスト」の作り方はこちらで詳しく紹介しています

3つの袋を持つ

「使う」「貯める」「増やす」というのは、3つの財布を持つということではなく、金融機関の口座を3つ作ってください。「使う」は、日常生活で使う生活費を入れておく口座。「貯める」は貯蓄をしていく口座。「増やす」は資産運用などをしていく口座です。

貯められる人は超シンプル(横山 光昭 著)

この”3つの口座”を持つ、という方法がおすすめです。この本を読んでから、2020年から始めてみました。

余裕資金を投資に回しています。今は増えた資産が、30万円ほどになりました。

将来いくらになるかを知るには資産運用シミュレーションがおすすめです。資産形成の大切さがよく分かります。

使う口座

日常生活で使うお金。
手取りの1.5ヶ月分を入金します。
例)手取り30万円の場合、30万円×1.5ヶ月分=45万円

貯められる人は超シンプル(横山 光昭 著)

使う口座には、手取りの1.5ヶ月分を、入金するそうです。我が家もこの方法を採用しています。

月初めに口座の残高をリセットしています。残高を見て、使いすぎなどがわかるのが良いところです。

65歳以上の夫婦のみの世帯では、消費支出は月22万4436円だそうです。この支出を参考に、23万円以下で生活しています。

生活費は家賃込みで20万円以下にするのが目標です。老後を見据えているため、教育費などは入れていません

貯める口座

生活防衛資金の役割。
手取りの6ヶ月分を入金する。
例)手取り30万円の場合、30万円×6ヶ月分=180万円

貯められる人は超シンプル(横山 光昭 著)

貯める口座には、手取りの6ヶ月分を入金するそうです。

こちらは180万円を参考に、少し足して200万円を生活防衛資金として、2つ目の口座に入れています。

もしもの時のお金があると、心に余裕が生まれます。

もしもの災害のとき、病気で手術が必要なときなど、さまざまな場面で使えます

増やす口座

証券会社の口座を開設。
「使う」と「貯める」をオーバーした分を積み立てNISAなどで資産運用する

貯められる人は超シンプル(横山 光昭 著)

増やす口座には、資産運用のお金を入れています。

オーバーした分すべてではなく、資産運用はiDeCoとつみたてNISAで約5万円運用しています。

2023年の金融不安のある時点で、30万円のプラスになっていました。

金融不安があるため、銀貨を購入しました。5枚で3万円以下でしたが、今は3万円を超えています

お金が貯まる家計のコツは?

まずはシンプルな人の例です。共働き夫婦の家庭だとしましょう。ふたりとも別々に給与口座があり、そこに毎月のお給料が入ったら、生活するための口座にそれぞれお金を入れます。その口座から様々な引き落としがされていきます。

いっぽう、貯まらない家計はとても複雑です。家計がひとつではなく、夫婦バラバラで存在していたり、費目に応じて各自が個別に出していたり、所得に応じて負担割合を決めていたりします。

同じ収入であっても、前者では、1000〜1500万くらいの貯蓄、後者はせいぜい100万円程度しかない、という差が生まれたりするのです。

貯められる人は超シンプル(横山 光昭 著)

「夫婦別財布」というのをたまに聞きますが、家計の面で見たら良くないのだそうです。

わが家はこどもが生まれてから、共通財布に見直ししました。

すると「おこづかいの使いすぎ」など問題が色々と見えてきました。お金を貯めたいなら「共通財布」がおすすめです。

できれば結婚後すぐがおすすめです。パートナーの理解が得られない場合は、こどもが生まれたタイミングで見直ししてみてください

まとめ

今回は「貯められる人は超シンプル(横山 光昭 著)」を紹介しました。

貯金したい人、老後の暮らしが不安な人におすすめです。

読み終えると、しっかり備えれば大丈夫なんだと安心できる本です。

その他のおすすめの内容

・モノはお金が形を変えたもの
・マキシマムな自分を捨てる
・モノからスタイルが見えてくる
・生活の乱れがお金の問題となって表れる
・自分に対して投資してる?
・写真とメモで把握する
・7つの質問で振り返る
・「消費・浪費・投資」で把握する
・実行するかどうかが分かれ道
・貯まる家計は、超シンプル

¥1,010 (2023/07/02 14:21時点 | Amazon調べ)

この記事で紹介した内容は、本の中のほんの一部です。気になったら、ぜひ本を読んでください。一緒に著者を応援しましょう

ブログ村ランキングに参加しています

猫に触っていってください

今日の占いについて

見てくださる人が幸せであるように願いを込めて占いをお届けします。結果が合わないなと思うときは、ほかのページをご覧ください。占い結果が変わります。あなたにとって、素晴らしい一日でありますように。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次